トイレ交換をする前には、現在どのような種類が存在するかを知っておくべきでしょう。
まず、最近のトイレは非常に多種多様になっています。
世界の中でも日本のトイレはとても進化しているため、外国人が日本のトイレに入るととても驚くのです『10年先を行ってるなあ』というわけです。

最近の便器はウオッシュレットは当たり前ですが、それに加えて除菌機能がついている便器も少なくはありません。
除菌機能の仕組みは、便器の水を流す際に次亜塩素酸水のミストを自動で吹き出し除菌や掃除ができるのです。

面倒な便器の掃除をする回数が減少するだけでなく、雑菌が大幅に少なくなるため、例えばノロウィルスの予防などにも活躍することになります。次にタンクレスです。従来は便器と一緒にタンクがついていましたが、最近はタンクをなくしても問題ないということでタンクなしのトイレが流行っています。
ただ、タンクレスに付け替える時には従来の便器と排水管の位置が異なることがあるため、排水管が壁側から出ているのかそれとも床下から出ているのかを見ておきましょう。


床下から出ている場合は便器自体がタンクがない分後ろの壁側に後退するため排水管の位置をずれてしまうことがあります。



この場合、排水管がずれても大丈夫なタイプに変更する必要があります。


最後に自動開閉機能付きの物もあります。

人が近づくとセンサーが反応して便器が勝手にこんにちはと言わんばかりに開くのです。

安心できるトイレ交換に関してお困りですか。

このような面白い機能もありますので、検討してみるとよいかもしれません。

トイレ交換|便器交換|トイレリフォーム|TOTO|INAX|水道設備.com

Copyright (C) 2015 トイレ交換の前に知っておくべき内容とは All Rights Reserved.