土地活用のひとつの形態である賃貸経営

土地活用のひとつの形態として、賃貸経営があります。
これは自分の所有している地所に、賃貸経営のための建物を建てて、それを賃貸して家賃収入を得るという事業のあり方です。


こうした賃貸経営を行う場合には、住居用の賃貸マンションなどにするか、それともテナントを入居させる営業用の貸ビルにするか、という選択肢がありますが、それも地所のある地域や立地などによって自ずと決まってくるものです。

自分の所有している地所が、店舗の営業やオフィスを構えるのに適した地域であれば、営業用の貸ビルを建てての賃貸がふさわしく、郊外の住宅地域などであれば賃貸マンションを建てて住居用の賃貸とする、といったようにです。

このように、土地活用というものはその地域や立地環境によって、事業用地としての使い方も違ったものになるわけです。

しかし、営業用の賃貸経営には、概して住宅用の場合よりも難しい要素が多いことも事実でしょう。というのも、営業用賃貸の場合には、そこには不特定多数の人間が訪れてくる様々なビジネスが行われることになりますから、そこに入居するテナントは住居の場合のように一律ではありませんし、また営業上でのやっかいなトラブルが発生して、それが賃貸契約の面にも波及してくるなど、その管理面では難しい問題があるとも言えるわけです。

詳しく知りたいローン 不動産担保のための情報を提供するサイトです。

最近では、今まで賃貸経営の経験のなかった人が、所有地の土地活用として賃貸住宅の経営を行う、という流れが出てきましたが、これも営業用の賃貸よりも住居用の方が容易にできるから、なのではないでしょうか。